オリーブオイルと脂肪の燃焼について

gf2160280277l

 

オリーブオイルはオリーブの果実や種子から採取された植物油で、脂肪酸の中でもオレイン酸の含有量が75%と、他の油と比べても群を抜いて豊富なのが特徴です。

 
オレイン酸には体脂肪の燃焼を促す効果があるほか、血中コレステロールを抑えたり、血糖値をコントロールするインスリンの働きを助けて糖代謝を高め、脂肪がたくわえられるのを防ぐ働きがあります。悪玉コレステロールは減らしても善玉コレステロールはそのまま、と選択的に働くのも優れた特徴です。さらに胆嚢を刺激して消化機能を高める働きもあります。酸化しにくいため体に有害な過酸化脂質になりにくいのもうれしいところです。さらに活性酸素を除去する抗酸化作用もあり、老化防止にも役立ちます

 
また、体内で合成することができないリノール酸・リノレン酸もバランスよく含まれており、まさに理想的な食用油と言えます。

 
他にトコフェロール類(ビタミンE)も含まれており、抗酸化物質としてオレイン酸同様活性酸素を除去したり、紫外線による肌のダメージを防いだり、血行を良くする効果もあります。

 
このように、ダイエットはもちろん美容と健康にさまざまな効能があるので、ぜひ毎日の食事に取り入れたいものです。

コメントは受け付けていません。