寝る何時間前に夕ごはんを食べ終わればいいのか

人は、健康な体を維持しておくためにも、適正な体重に管理しておくことは重要で、肥満はあらゆる病気の原因ともなり得るものなので、早急に改善しなければならない問題です。

 

最近は食生活が欧米化しており、肥満に悩む人も増え、ダイエットの文字を見ない日はないのではないかと思えるほど、そこかしこで取り上げられています。巷には様々なダイエット法があるようですが、基本的に食べてもきちんとその分動いていれば消費されるものなので、太るということはあり得ません。太るということは食べ過ぎか、エネルギーを消耗していないということなので、この点をきっちりと押さえれば本来であればダイエットなど必要な体にはならないものです。

 

しかし人間は年を取ると、体内の酵素が不足しがちになっていくので、どうしても代謝力が落ちエネルギー消費が少なくなります。こういったことからもわかるように、ご飯を食べてもそのあと動き回る朝や昼は、しっかりエネルギー消費ができるため、比較的がっちりと食べても太りにくいです。反面夜はあまり動き回ることがないので、食事は控えめにしたほうが無難です。寝る何時間前までに食べ終わればいいのかは、よく話題に上ることですが、最低でも三、四時間前にはカロリー摂取は終わらせましょう。

コメントは受け付けていません。